FC2ブログ

久住登山に思うこと・・・

つばさ保育園が「久住登山」を始めて7年目になります。
毎年「この子、頂上までたどり着けるだろうか・・・」と
不安に思う子が数名いますが、私の不安をよそにどの子も
無事に登頂・下山を果たしてきました。
しかし、今年のメンバーは本当に大変でした。
山崎先生が「苦渋登山」と書かれていましたが、正にその通り!!
登山口に向かうバスの中ですでに3名が体調不良を訴え始め、
登り始めてわずか5分で「きつい・・・」「足が痛い・・・」と泣き始めたのです。
18名の子どもに対し、6名の大人がついた今回の登山。
トップを歩くグループと最終グループとの差があまりにも大きく、
引率者6名は歩調の調整が難しく、精神的にもかなりの負担を感じました。
何故こんな状態になってしまったのか・・・?
「歩けない」「きつい」と弱音を吐いた子ども達は、決して体力不足ではありません。
問題は「メンタル面の弱さ」だと思います。
私は常に「健康な身体のもとに健全な精神が宿る」と考えています。
今回の登山で、「メンタル面の弱さ」をまざまざと見せつけられたようでかなりショックでした。
これを機に、「心身ともに逞しい子」を育てる保育を見直し、職員との意思統一を図って
頑張っていきたいと思います。
下山直後、「こんなにきつかったのは、生まれて初めてでしょう?」との質問に
大きく頷いた子ども達でしたが、この子たちが大人になった時きっとこの経験が役に立つ時が
来ると、私は信じています(信じたいです)
頑張った18名に拍手を送りたいと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

つばさ保育園

Author:つばさ保育園
元気なつばさっこ達の日々の様子をお知らせします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク